このページでは、ビフィコロンが授乳中でも飲めるのかについて記しています。

 

ビフィコロンは授乳中でも飲める?授乳中の下痢や腹痛もなくなる?

 

妊娠後期になると多くのママさんの悩みの一つが慢性的な便秘です。
妊娠中の便秘はいってしまえば妊娠あるあるなのである意味仕方のない事でもあります。

 

ですが、産後も同じとはいきません。
妊娠中に癖になってしまった便秘を一日でも早く解消したいですよね

 

そうなると、真っ先に思いつくのがヨーグルトや牛乳などの乳製品を接種することです。
中でも乳酸菌サプリは手軽に多くの乳酸菌を接種できるので産後ママだけでなく多くの人が愛用しています。

 

ですが、授乳中の期間にそういった乳酸菌サプリって飲んでも大丈夫なのでしょうか?
完全母乳で育てようと思っているママさんにとっては日々口に入れるものにはすごく気を使いますよね

 

という事で今回は、ビフィコロンは授乳中でも飲めるのかについてまとめてみました。

 

授乳中でもビフィコロンは飲めるの?

 

基本は飲めるけれど、念のため担当の医師や薬剤師に相談しましょう

 

ビフィコロンの成分は乳酸菌、タンパク質、脂質、炭水化物といった自然界に存在するものばかりです。
なので、妊娠中、授乳中、子供が飲んでも大丈夫なのですが、念のため確認は取ってくださいという事です。

 

ビフィコロンのメーカーの日清ファルマに質問したところ回答は上記のようなものでした。

 

 

乳酸菌が母乳に影響することはあるの?

ビフィコロンは授乳中でも飲める?授乳中の下痢や腹痛もなくなる?

 

よい母乳には乳酸菌の接種も必要です。

 

乳酸菌といえばお腹の調子を整えてくれるだけかというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、よい母乳を出すためにも必要な栄養素になります。

 

母乳の中に含まれるたんぱく質は栄養価の高いカゼイン、ホエイ(乳清)を中心として作られています。
この2つの成分は乳酸菌とも強いつながりがあるためです。

 

よい母乳を出すには、母親自身の腸内環境が良いことも大切でだという事です。

 

ビフィコロンで授乳中の下痢や腹痛もよくなったりする?

ビフィコロンは授乳中でも飲める?授乳中の下痢や腹痛もなくなる?

 

便秘が妊娠中のあるあるだとすれば、下痢や腹痛は授乳中のあるあるです。

 

産後になると一変して下痢になり授乳の途中でお腹が痛くなるという人も多いようです。
こんなときビフィコロンを飲んでおけば下痢や腹痛にはならなくなるのでしょうか?

 

少なくとも飲まないよりは飲んだほうが確実にいい方向に行くことは間違いないでしょう。
便秘や下痢になる一番の原因は腸内環境が悪くバランスが崩れている事が原因です。

 

なので、乳酸菌サプリなどで善玉菌を増やし腸内フローラを整えてやればそういった悩みも解消されるでしょう。
ただ、ビフィコロンは下痢止めの薬とは違うのでその日飲んだからといってすぐに便意が止まるといった効果はありません。

 

続けて飲むことで腸内の環境が良くなっていくという感じです。

 

> ビフィコロンで下痢になる?

 

授乳中にビフィコロンはあり? それともなし?

 

条件付きでのありです。

 

授乳中にすこしでも悪い影響がでるかもしれないものなら、メーカー側は100%ダメと記載します。
ただ、妊娠中や授乳中は人によって体調の状態が違うので無条件で大丈夫とは言えない状態という事です。

 

なので条件付きのありという事になります。

 

 

ビフィコロン お試し